大学生向けビジネスマナー研修

公的機関様主催@表参道(東京)

 

本日は、大学生の皆様を対象に「ビジネスマナー研修」を実施いたしました。

 

インターンシップを前にビジネスマナーを身につけるのが目的です。

 

ここ数年、年に数回お声かけいただいている公的機関様なので、担当の方との半年ぶりの再会から嬉しい1日になりました。

 

毎回6名ほどのアットホームな会なのですが、

今回は全員同郷の皆様とのこと、終始和やかな雰囲気でした。

フレッシュな大学生の皆さんが、開始前や休憩時間に大学の講義内容など情報交換している光景は懐かしさとほほえましさで何ともまぶしく感じました。

 

【研修の時に大切にしていること】

 

私はいつも、研修がスタートする前に、受講生の皆様お1人ずつ、できるだけお声かけをさせていただいています。

皆さん最初は緊張されていますし、進んで参加される方ばかりではないので、「一緒に楽しみましょうね」という気持ちに笑顔を添えると、ずいぶんとリラックスしていただけるのです。

受講いただくからには楽しんでいただきたいですし、楽しんで参加するほど身につくものも多いのです。特に大学生対象のビジネスマナーは、研修時の強い動機付けとその後の心がけで、インターンだけでなく就活面接やその先の社会人生活にも影響してきます。私のビジネスマナー研修を受講いただいてから就職された学生さん達に「あの研修があったから、就活も自信を持ってできたし、就職した後も恥ずかしい思いをせずに済んでいます」と言っていただいたことが、今の私の研修の励みにもなっています。

 

【研修の様子】

 

いよいよ研修が始まると、今回は、

「参加型」

「自分を客観視する経験を増やすロールプレイイング」

の2点を重視しました。

インプットだけでなく、その場でアウトプットしながら理解を深めると、定着効率が良いためです。

ビジネスマナーは、知識はもちろんですが、日ごろから慣れている「挨拶」や「会話」においても、相手目線でロールプレイングすることで、自分を客観的に見る視点が養われます。自分と向き合うのは、実際には抵抗がある場合もありますので、受講生が持つ良さとセットで課題を伝えることで前向きに受け止めることができます。講師からのフィードバックだけでなく、お互いに感想を言い合うことも、励みになりモチベーションにつながっていきます。

 

【研修を終えて】

 

1時間30分という短い時間でしたが、

・ポイントを絞る

・参加者全員が発言する機会をなるべく多くとる

で、受講前とは見違えるみなさんになっておられました。

 

キラキラした目でインターンシップを楽しみにされる学生さんたち。彼らが力強く社会の扉を開けて活躍することを、心から祈っています。みなさんならできる!

 

※アンケート結果…全体満足度100%、講師満足度100%(ともに「とても」「まあ」の合計)

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です